ラオスのコーヒーはいかがですか?

コーヒーハンドドリップ
ドリプロの商品はこちら

こんにちは、エシカルペイフォワードスタッフのKです。

今、日本でコーヒーがブームだそうです。

私も大のコーヒー好きで、海外へ行った際、醤油はなくてもコーヒーがないと生きていけない体です。

当店ではラオスのコーヒーを販売してます。

ところでラオスってどこ? アフリカ? 南米? いやいや、ちゃんとググりましょう。ラオスは東南アジアの国ですよ。ベトナム、タイ、カンボジア、中国、ミャンマーのお隣さんです。

Un-laos
そのラオスのコーヒー豆を日本の学生団体ドリプロ(フェアトレードドリップパックプロジェクト)が「学生がラオスの農園とあなたをつなぐ」という目標を掲げ、商品開発から販売までを行っています(やるな!)。

ところで、フェアトレードって何?

フェアトレードとは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みの事を言います。

ドリプロは学生自らがラオスの生産者と交流し、ラオスの生産者協同組合からコーヒー豆を輸入し、静岡の老舗焙煎工場で焙煎を行い、販売まで受け持っています。

コーヒー豆はアラビカティピカ種で、味がマイルドで香りもいいのが特徴です。

苦味と酸味のバランスがとてもよく、口当たりもバッチリでどなたでもおいしく飲んで頂ける味です。

コーヒー豆拡大
冷めてもおいしいと聞いたので、水出しコーヒーを作ってみました。ティピカ深煎りの粉30gを500mlの水につけ、冷蔵庫に入れること約8時間。おいしい水出しコーヒーの出来上がりです! すっきりとしていますがしっかりと苦味が感じられ、うっとうしい梅雨時期にはピッタリです。

コーヒー通はもちろんのこと、スーパーなどで売ってないコーヒーを飲んでみたいという好奇心たっぷりの方には是非お勧めいたします。

English version here


[ ラオスのコーヒーはいかがですか? ]コラム,ドリプロ,メディア