Autumn Weekend in Kamakura | エシカルペイフォワード/オーガニック、フェアトレードギフト

Autumn Weekend in Kamakura

本年春に引き続き、東京日本橋のエシカル商品のセレクトショップエシカルペイフォワードが鎌倉でPOP-UP SHOPを開催します。

店舗でも大人気の、寒い季節に欠かせないペルーのアルパカニット「MAITE」や
インドの丁寧な刺繍が美しい「itobanashi」の今シーズンの新作のほか、
植物の力を感じられる、秋にぴったりのブラジルColoridasのアクセサリーも多数ご用意しております。

また、今回のPOP-UPに合わせて、
8月の展示会で好評をいただいたグアテマラのアップサイクルラップスカートのILOITOOや
店舗でも働く女性に根強い人気のアクセサリーSEEDS BY PHUHIEPの姉妹ブランドでよりラグジュアリーなPHUHIEPなど、
普段の店舗では見ることのできない特別な商品もご用意いたしました。
PHUHIEPは、セミオーダーのアクセサリー受注会も実施いたします。

秋冬のお出かけにぴったりの身も心も温まる商品を取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。
ぜひご来店ください。

Autumn Weekend in Kamakura

期間:2018/11/16(金)-11/18(日)
11:00-17:00
場所:三条屋大谷商店
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下3丁目9−11
参加ブランド:Coloridas、itobanashi、ILOITOO、MAITE、MUJUS、SEEDS BY PHUHIEP、OFA他

参加ブランド紹介

MAITE

『ワクワクする あたたかい暮らしを"』をコンセプトのアルパカニットのブランドです。 丈夫で体をしっかり温めてくれるアルパカ素材の機能を活かして、特別な日に着るよりも、 日常の中で愛用して頂けるような、実用的で、触れて着て心地よい、体をケアするニットを目指して、生産背景に感動した、主にペルーにいる作り手の方達とものづくりに取り組んでいます。

MUJUS

ペルー人デザイナーによるNY発のアクセサリーブランド。
一見大ぶりで重そうに見えますが、実は身につけているのを忘れてしまうくらい軽いのが特徴。
それは素材に、磨くと象牙のような固さと光沢を持つ「タグア椰子」という天然素材を使っているから。
種子を削り、磨き、染め、という工程はひとつひとつペルー、エクアドルのクラフトマンの手によって丁寧に行われています。
染めもエコ染料を使用。環境に配慮しつつ、艶やかで鮮やかな色彩が魅力です。

itobanashi

itobanashiは「途上国からいいものを届ける」をモットーに、服作りの現場と着る人をつなぐために立ち上がったブランドです。
途上国の女性と先進国の女性を繋ぎ、衣服が消費の対象ではなく、想いをもって手に入れたい対象への変革を目指しています。
その衣服を彩る刺繍は、インドをはじめとした途上国の職人がひとつひとつ丁寧に作り込んだ、世界にひとつだけのデザイン。
息を飲むような美しい刺繍や、職人の生活が感じられる素朴で可愛いものまで、トレンドに流されない様々なデザインの衣服を提供します。

ILOITOO

グアテマラで民族衣装として今でも現地の方々に愛用されているカラフルな織物を使って物作りをしているブランドです。
その織物は細かな手作業が必要になるゆえ、織り上げるのに数ヶ月もの時間がかかるそう。
丁寧に作られたものを、丁寧に長く使う、という現地の方々の文化を大切に、
ビンテージの織物をアップサイクルしたり、伝統的な織り方でおられた布地を使いながら
私たちの生活になじむ製品づくりを行なっています。

PHUHIEP

大人が使いやすいシンプルな雰囲気を持ちながらも、
身に付ける人を引き立てる、静かな個性を持つアクセサリーが特徴のPHUHIEP。
Phuhiepのアクセサリーでよく見られるリングモチーフは、アトリエのあるベトナムの文化に深く結びついている「月」とベトナムの作り手たちと日本のお客様を結ぶ循環の輪をイメージしたもの。
売り手にも買い手にも作り手にも「幸せな循環」が生まれ、いつまでも続いてゆくように、国も年齢も言葉も、貧富や力の差も、なんの境目もなく全ての人々とつながるアクセサリーでありたい、というブランドフィロソフィーが込められています。


[ Autumn Weekend in Kamakura ]特集・イベント